製品情報
中央産業貿易株式会社 > 製品の一覧 > Daytona plus > Auto-Montage
Optos Daytona plus

画角200度、眼底の80%以上の領域を無散瞳、非接触で撮影します。
卓上型のコンパクトな筐体で設置場所を選びません。
Californiaと同等の光学系を搭載、網膜のスキャン時にoptomap®
画像が常に最適化されます。最新のビューアーソフトOptosAdvance
を採用し、Auto-Montage ソフトも標準搭載しています。

Optos Daytona plus

Optos 症例ギャラリー

Auto-Montage

Auto-Montageは、固視移動により上下左右に向けた眼底画像を合成するソフトウェアです。これまでの超広角眼底画像のさらに周辺部まで同一画像で確認することが可能です。画像の合成だけでなく、面積や長さの測定機能、文字・矢印の入力機能も搭載しています。

※合成中も他の画像を確認が可能です。

画像合成の機能

中央画像と固視移動した周辺部画像を合成する機能です。中央画像に加え、少なくとも1方向(最大4方向)の画像を2枚から最大5枚まで合成することができます(合成後の最大画角は225°)。
画像選択後は2画像合成の場合で約1分、5画像合成は約5分で自動的に合成されます。

  • 合成する画像を選択

    合成する画像を選択

  • 左:合成前、右:合成後

    左:合成前、右:合成後

合成手順

  1. ① 眼底画像を5枚(上下左右の固視移動画像)を撮影します
  2. ② 5枚の眼底画像それぞれに対して、右クリック→画像の送信→OptosMontageを選択します。
  3. ③ 約5分後に合成画像が生成され、確認することができます(合成中でも撮影可能です)

面積の測定機能

任意に囲んだ部分の面積を表示する機能です。一般的に眼底画像は中心部と円周部で縮尺が異なりますが、瞬時に測定して面積が表示されます。全ての眼底画像で面積測定の機能が使用可能です。

  • 中心付近

    中心付近

  • 周辺部付近

    周辺部付近

長さの測定機能

任意に眼底画像で長さ測定の機能が使用可能です。

長さの測定機能 長さの測定機能

文字・矢印の入力機能

長さや面積の表示に加えて、眼底画像にコメントや矢印などが入力できます。患者様への説明、記録、学会発表などの資料にご活用いただけます。全ての眼底画像で文字・矢印入力機能が使用可能です。

文字・矢印の入力機能

その他

メーカーホームページへのリンク

optos

※仕様及びデザインは改良のため予告なく変更する場合があります
※商品写真並びにデータ画像は実際の色と異なる場合があります

販売名 パノラミック オフサルモスコープ デイトナ
認証番号 第224AIBZI00001000号
製造業者 Optos plc


類似製品