中央産業貿易株式会社 > 沿革

沿革

1928
狩野国市、中央産業合資会社を設立
Rodenstock 社(ドイツ)の眼鏡レンズやレフラクトメータの輸入貿易並びに繊維雑貨の輸出を開始
1945
終戦により会社を清算
1949
中央産業貿易株式会社を設立
Rodenstock 社製品の輸入を再開し国内販売を開始
1954
OCULUS 社(ドイツ)の代理権獲得
1955
Rodenstock 社の眼鏡フレームの輸入開始
1957
工作機械の国内販売並びに医療器械の輸入を開始
1967
Rodenstock Instrumente GmbH 社(ドイツ)と直接取引きを開始
1973
名古屋に医療器械部の出張所を開設
1975
代表取締役社長に狩野豊、会長に狩野国市が就任
1976
名古屋出張所を営業所に昇格
1981
レーザ機器の輸入販売開始(Ar./CO2
Rodenstock 社の走査型レーザ検眼鏡SLO を発売
1993
狩野国市、他界(享年103 歳)
1995
スリットランプRO5000 発売
1999
A.R.C. Laser 社(ドイツ)の代理権獲得
2000
東京営業所を台東区の自社ビルに移転
2001
眼鏡部門をRodenstock Japan 社に営業譲渡
本社を西宮の自社ビルに移転
2002
Vector Vision 社(アメリカ)の代理権獲得
代表取締役社長に小林忠義、代表取締役会長に狩野豊が就任
2006
Optovue 社(アメリカ)の代理権獲得
2008
SONOMED 社(アメリカ)の代理権獲得
2009
創業80 周年、創立60 周年
2011
Optos 社(イギリス)の代理権獲得
代表取締役社長に桑原一夫、代表取締役会長に小林忠義が就任
2014
福岡出張所開設
2015
狩野 豊、他界(享年84 歳)
2016
札幌出張所開設