中央産業貿易株式会社 > ごあいさつ

ごあいさつ

代表取締役社長 桑原一夫弊社は、創業以来80有余年の間、一貫して欧米製医療機器の輸入・販売に携っており、2002年からは、販売、サポートでの経験と蓄積を最大限に活かすべく眼科医療機器に特化しております。弊社が今日あるのは、ひとえにお取引先の皆様および実際に機器を使用してくださっている先生方の長年にわたるご指導、ご鞭撻があってのことです。微力ではありますが、これからも眼科医療の世界に貢献し続けていけるよう、次のような経営理念のもとに業務を推進してまいります。

最新鋭機器のご紹介により先生方の診断、治療の改善に少しでもお役にたてるよう努めること、そして、既に弊社の製品を使用してくださっている先生方に対して継続的なサポートを提供することが弊社の責務です。またこの責務を全うできるよう、従業員が安心して業務に励める環境作りに注力することで、いっそう堅固な企業体質を目指してまいります。さらに、海外の医療機器メーカーと一体となって、製品を実際に使用してくださっている先生方の声に真摯に耳を傾け、製品の機能やサービスを向上させるとともに、お取引先のすべての皆様から信頼と信用をお寄せ頂けるよう不断の努力をしてまいります。

近年、コンピューターとソフトウェアを駆使した先進デジタルテクノロジーは、眼科医療機器の領域でも普遍的に使われるようになっております。弊社では、これまでにドイツOCULUS社製角膜トポグラファー “Pentacam”、“Pentacam HR”、アメリカSONOMED社製超音波生体顕微鏡 “VuMaxII”、イギリスOptos社製超広角走査レーザ検眼鏡 “California”、“Daytona”、ドイツVRmagic社製眼科教育用シミュレーター “Eyesi Surgical”、“Eyesi Indirect”などのコンピューターベースの製品を取り扱ってきております。これらの製品の販売・サポートを通じて培った技術力を活かし、先生方には日々安心して機器をお使い頂けるよう、ひいては、患者様のQOL向上に少しでも資することができるよう努力して参ります。