中央産業貿易株式会社 > Optos講演会:Optos 超広角蛍光眼底造影の有用性:講演内容
Optos講演会:Optos 超広角蛍光眼底造影の有用性

座長のお言葉

小椋 祐一郎 先生

小椋 祐一郎 先生

名古屋市立大学医学部眼科学教室 教授

  • 1980 年 京都大学医学部 卒業
  • 1985 年 イリノイ大学医学部眼科 留学
  • 1986 年 京都大学医学部 助手
  • 1993 年 京都大学医学部 講師
  • 1995 年 京都大学大学院医学研究科 助教授
  • 1997 年 名古屋市立大学大学院医学研究科 教授

Optos による超広角眼底撮影は、網膜硝子体疾患の診療に非常に有用な検査となっています。特に、蛍光眼底撮影は糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症などの網膜虚血の評価、新生血管の検出にとても役立っています。現在開発されている新しいタイプでは、フルオレセインによる蛍光造影に加えて、インドシアニングリーンによる蛍光造影も可能になります。今回のセミナーでは、米国の Kiss 先生と名古屋市立大学の野崎先生にその使用経験と将来の可能性について、ご講演いただく予定です。

講演 1: Clinical Benefits of Multi-Modality Ultra-Widefield Imaging

Szilard Kiss, M.D.

Szilard Kiss, M.D.

Director of Clinical Research, Associate Professor of Ophthalmology Weill Cornell Medical College, Associate Attending Physician, New York/Presbyterian Hospital, New York, New York)

講演 2: Optos 超広角 ICG 造影の可能性

野崎 実穂 先生

野崎 実穂 先生

名古屋市立大学医学部眼科学教室 講師

  • 1993 年 名古屋市立大学医学部 卒業
  • 1993 年 名古屋市立大学医学部眼科 臨床研修医
  • 1997 年 名古屋市立大学医学部眼科 助手
  • 2004 年 米国ケンタッキー大学眼科 フェロー
  • 2006 年 名古屋市立大学医学部眼科 病院講師
  • 2008 年 名古屋市立大学医学部眼科 講師

※ 対象製品は現在認証申請中です